JMSDF JS Akizuki DD-115 あきづき

JMSDF JS Akizuki DD-115 あきづき

rintaro3776
あきづき型護衛艦(あきづきがたごえいかん、英語: Akizuki-class destroyer)は、海上自衛隊が運用する汎用護衛艦(DD)の艦級。計画番号はF130。ネームシップの建造単価は750億円であった。 海上自衛隊の第2世代汎用護衛艦の発展型として、17中期防に基づき、平成19年度から平成21年度にかけて4隻が建造された。原型にあたるむらさめ型(03〜09DD)およびたかなみ型(10〜13DD)とともに、護衛隊群の基準構成艦となっている。 なお、「あきづき」のネームシップを持つ艦型は、1960年就役の初代あきづき型護衛艦に続いて2代目であり、漢字表記である旧海軍の秋月型駆逐艦を含めれば3代目になる。本艦型は、秋月型が防空駆逐艦という性格を同じくするところから、艦名を継承した。 The Akizuki-class destroyer is a destroyer class of the JMSDF - four ships were planned. The Akizuki Class is intended to escort the Hyuga class and Izumo class helicopter destroyers, and safeguard the other Aegis guided warships such as the Kongō class and Atago-class of the JMSDF. The destroyer provides defense against surface, airborne and undersea threats. This class used to be designated "19DD" - referring to a date on the Japanese calendar, specifically the 19th fiscal year of the Heisei period (2007). 姉妹艦 DD-115 あきづき DD-116 てるづき DD-117 すずつき DD-118 ふゆづき Sister Ships DD-115 Akizuki DD-116 Teruzuki DD-117 Suzutsuki DD-118 Fuyuzuki Wikipedia I improved the aft, mast, and details. I also made the bridge. 艦尾とマスト、そして吸気口を改良しました。また、艦橋を新たに設置しました。 #Akizuki #DD #DDG #destroyer #FCS3 #Fuyuzuki #JMSDF #JSDF #naval_vessel #navy #ship #Suzutsuki #Teruzuki #あきづき #すずつき #てるづき #ふゆづき #海上自衛隊
Default Title