梅原薬師公会堂 桐生

梅原薬師公会堂 桐生

goodtaste
梅原館跡は、平安時代に桐生を所領した足利俊綱の家臣である桐生六郎(前桐生氏)の居館であり、その後、室町期になり桐生国綱(後桐生氏)によって桧杓山城が築かれ、 領主 の居住地が城山の麓に移された後、 この館は下屋敷となりここを基点とした町屋づくりが行われたと推考される。
Default Title