JMSDF DD-119 あさひ Asahi

JMSDF DD-119 あさひ Asahi

Sir Topham hatt
海上自衛隊の新型汎用護衛艦、あさひ型です。 下記のモデルをベースに船体形状の変更などを行いました。 3dwarehouse.sketchup.com/model/ua8b69ad4-8ed4-427f-bfeb-54bd249543cb/JMSDF-JS-Akizuki-DD-115-あきづき 2019/02/18 電波探知妨害装置を変更 あさひ型護衛艦(あさひがたごえいかん、英語: Asahi-class destroyer, 25DD)は、海上自衛隊の護衛艦の艦級。第2世代汎用護衛艦(DD)の最終グループとして、平成25・平成26年度で各1隻ずつが建造されている。「あさひ」のネームシップを持つ艦型は、1955年にアメリカ海軍から貸与された初代あさひ型(DE)に続いて2代目。同名の艦艇としては大日本帝国海軍の戦艦「朝日」を含めれば3代目となる。(Wikipedia) The Asahi-class destroyer is a destroyer class of the JMSDF - two ships are planned. The Asahi-class is optimized for undersea threats. This class used to be designated "25DD" - referring to a date on the Japanese calendar, specifically the 25th fiscal year of the Heisei period (2013). It is the third ship to hold the name after the Asahi-class destroyer escort lent from the US Navy in 1955, and the Imperial Japanese battleship. (Wikipedia) #Akizuki #Asahi #boat #DD #DDG #destroyer #FCS3 #JMSDF #JSDF #naval_vessel #navy #ship #Shiranui #VLS #Warship #あさひ #しらぬい #海上自衛隊
Default Title