伊予松山城

伊予松山城

noboru
慶長七年 加藤嘉明 関ヶ原の合戦の功で 賤ヶ岳七本槍の一人加藤嘉明が20万石で入国。その後蒲生家を得て 幕末まで松平家が続く。 天守・小天守と二つの櫓を多門でつないだ連立式天守となっている。(安政元年の再建。重要文化財)
Default Title