相生愛宕神社本殿 桐生市

相生愛宕神社本殿 桐生市

goodtaste
Description
桐生市街から渡良瀬川を渡って北上した運動公園の南東、相生町に鎮座します。 愛宕神社の歴史は古く、慶長三年(1598年)安土桃山時代の創建で京都の愛宕山最高峰に鎮まる、愛宕神社の末社に該します。 祭り神は、火産霊神(ほむすびのかみ)です。 本地佛は、勝軍地蔵(しょうぐんじぞう)です。 この土俵の屋形は、慶応四年(1868年)二月に、江戸相撲、第九代目横綱秀ノ山雷五郎勝義が当神社に奉納した祭礼用相撲土俵です。 古文書によると、横綱の直筆で、屋根付き四本柱土俵と免許状、併せて大張幕と大額を、相生村下新田の恩人である、高木源之丞を取り継ぎ人として村人衆に奉納したものであると記録されています。 神社土俵は、源之丞の勧めもあり江戸相撲界の秀ノ山一門の稽古場として以前から使われていた。
Default Title