叡福寺 聖徳太子御廟

叡福寺 聖徳太子御廟

chi-ko
叡福寺(えいふくじ)は、大阪府南河内郡太子町にある仏教寺院。聖徳太子の墓所とされる叡福寺北古墳があることで知られている。聖徳太子御廟は叡福寺境内の北側にあり、太子が生前に造営したと伝えられる円墳。自然の地形を生かした直径約50mの墳墓で横穴式石室をもつ。太子のほかに妻の膳手(かしわで)夫人、実母の間人(はしひと)皇后もともに葬られている三骨一廟の形式。周囲は結界石と呼ばれる二重の石柵がめぐらされ内側のものは弘法大師の作といわれる。拝所から見ると唐破風(からはふ)、千鳥破風(ちどりはふ)の三つの屋根が重なり、扉の上に木彫の三尊像が掲げられている。これらは三骨一廟を象徴したものという。
Default Title