興福寺 三重塔

興福寺 三重塔

chi-ko
国宝。康治2年(1143年)、崇徳天皇の中宮・皇嘉門院により創建された。治承4年(1180年)の大火による焼失記録はないが、現在の塔は建築様式からまもなく再建された鎌倉建築と考えられる。各重の「桁行・間口」の逓減率は、「五重塔」の初重、四重、五重が、この三重塔の初重、二重、三重に採用されており、初重目と二重目の桁行・間口の逓減率が大きくなってる。内陣四方の板には東に薬師如来像、南に釈迦如来像、西に阿弥陀如来像、北に弥勒如来像がそれぞれ1000体ずつ極彩色で描かれている。北円堂とともに興福寺で最古の建物。年に一度だけ、法要が営まれ、内陣の拝観できる。
Default Title