祥雲寺山門(曹洞宗 瑞龍山) 桐生

祥雲寺山門(曹洞宗 瑞龍山) 桐生

goodtaste
室町戦国時代も終わろうとする頃、高橋丹波守橘英元は父政種と弟政直と共に、丹波の国から関東足利に下向し、由良氏に仕えていた。 そして由良氏の桐生占領後は、広沢村にも地を賜っていた。 その後、由良氏は小田原滅での敗戦の後、常陸国牛久へ転封させられ、家臣の大部分は武士の身分を捨てて土着を余儀なくされた。 英元も長子泰種と共に武士の身分を捨てて、境野原の原野に土着して開墾を始め農事に従うことになった。
Default Title