余部橋りょう (余部鉄橋)

余部橋りょう (余部鉄橋)

jun.
Description
 JR山陰本線、餘部駅すぐ西側に架かっていた日本最大規模のトレッスル式鉄橋。  トレッスルとは鉄骨をやぐら状に組んで架台状の橋脚にしたもの。  建設期間:1909年~1912年、橋桁全長310.59m、川面からの高さは41.45mあった。  1912年3月1日に開通し、2010年7月16日の運行終了まで98年にわたり利用され、「余部鉄橋」の名で知られた。 #Amarube #bridge #viaduct #余部 #鉄橋
Default Title