重文 清水寺 奥の院

重文 清水寺 奥の院

noboru
1633年(寛永10年)再建。国の重要文化財。 本堂と同様に舞台造りとなっており、「奥の千手堂」とも呼ばれる。 建物は、五間四方、寄棟造り、桧皮葺き屋根。組物・蟇股・長押などに桃山様式の極彩色文様の跡が残っている。 #Japan #kyoto #Toresure #お寺 #京都 #日本 #重要文化財
Default Title