東福寺 禅堂

東福寺 禅堂

UEKEN
東福寺禅堂は貞和3年(1347年)に再建された豪壮な姿に往時の隆盛がしのばれる単層・裳階(もこし)付切妻造の建物で、中世期より現存する最大最古の禅堂である。
Default Title