相生愛宕神社神社土俵 桐生市

相生愛宕神社神社土俵 桐生市

goodtaste
神社土俵は、源之丞の勧めもあり江戸相撲界の秀ノ山一門の稽古場として以前から使われていた。 江戸では、横綱のことを愛宕の天狗様と称されていました。 弘化四年(1847年)二月七日には、神社境内土俵で、江戸相撲一行の大興業が行われています。 横綱の土俵を一目見ようと、大入りだったと伝えられています。 国内では、この種の土俵屋形は珍しく、地方に於ける日本三土俵の一つに該当すると、高く評価されている。 現在の屋形は、昭和五十七年に新築奉納されたものです。
Default Title