法隆寺 聖霊院・東室

法隆寺 聖霊院・東室

chi-ko
鎌倉時代に聖徳太子信仰の高揚にともなって、聖徳太子の尊像(平安末期)を安置するために、保安二年(1121)に東室の南端部6房を改造したのが聖霊院。東室は西室と同じく法隆寺に住む僧が生活していた建物。三経院と西室は併せて国宝指定だが聖霊院と東室は別々に国宝指定されている。
Default Title