ブラジリアにある建物_Pilotis_10

ブラジリアにある建物_Pilotis_10

bantou
ビルディング メーカーで作成されたモデルにピロティ形式を加筆。 ピロティ(フランス語: Pilotis)とは、建築用語では2階以上の建物において地上部分が柱(構造体)を残して外部空間とした建築形式、またはその構造体を指す。まれにその地上部分の構造体のみの空間自体を指すこともある。フランス語で「杭」の意味。1926年、ル・コルビュジェとピエール・ジャンヌレが提唱した近代建築の五原則「ピロティ・屋上庭園・自由な平面・自由な立面・連続水平窓」の一つとして取り上げられた。ブラジリアの都市計画者、ルシオ・コスタは、ル・コルビュジェの影響を強く受けている。
Default Title