会津若松城(別称 鶴ヶ城)

会津若松城(別称 鶴ヶ城)

noboru
1384(至徳元)年、蘆名直盛によって築城された黒川館が発祥。 伊達政宗が蘆名氏を滅ぼして黒川城を手に入れた後1590(天正18)年、豊臣秀吉配下の蒲生氏郷がこの地に移封され、地名を若松に改称し、本格的な城郭へと発展させた。 戊辰戦争の激しい戦いで城は著しく傷つき、明治7年取り壊し。 現在の姿は 昭和40年移行に行われた復興事業によるものである。 #お城 #日本 #東北
Default Title