高園寺山門(曹洞宗 鶴松山) 桐生市梅田町

高園寺山門(曹洞宗 鶴松山) 桐生市梅田町

goodtaste
高園寺の開創は、室町応永年間(1394年頃)開山は永平寺道元禅師の七代玄翁和尚の直弟子で松堂長源和尚によります。 天文二年(1533年頃)に七堂伽藍が完成するが、その後天正年間(1573年頃)全て焼失しました。 再建は寛永年間(1624年頃)に所謂当寺中興開山であり初代住職とされている鳳仙寺七世儀拈牛把禅師によって実現しました。 復興した伽藍ではあるが、享保年間(1716年頃)火災にて全焼・元文年間(1736年頃)再建・寛保二年(1742年)水害による倒壊そして再建・天保六年(1835年頃)火災による焼失と幾度もの災禍に見舞われています。 天保の火災に際しては、十八代住職が資金調達のため「寺の裏山の砥石発掘許可」を幕府に願い出たことが記録されています。
Default Title