明神鳥居
神社でよく見られる。鳥居は人間の住む世界と神が住む神域とを繋ぐ門の役割をする。地図記号になってることからも分かるように、神社の象徴でもある。 額束は「奉納」。起源や語源は不明。8世紀頃に現在の形に。8世紀というと奈良時代と平安時代の初期にあたる。 #Japan #日本 #神社 #神道
Default Title