中庭と水盤のある家

中庭と水盤のある家

Yoshinobu M.
比較的落ち着いた住宅地に建つ、2階建ての木造住宅である。 この住居には、大きな扉が3つある。 一つ目はリビングとダイニングのある巾5500mmの扉で、壁の中に収納することができる。 この扉を開け放つと、リビングダイニングは中庭と一体となり、開放的なスペースに変わる。 二つ目は中庭と街路の境目にある巾3700mmの木製の引き戸である。 この戸を開けてる時は、中庭は街路空間に対して開放的な場所になり、気楽にそこに立ち寄れるような雰囲気になる。 閉めた時には中庭の雰囲気は一変し、落ち着いたプライベートな空間となる。 三つ目は門扉としての木製の回転扉である。 ”中庭”の他にも”空庭(屋上庭園)”・”光庭”・”坪庭”があり、これら4つの庭は、それぞれの場所の性格に合った特徴的なつくりとなっている。 空庭に降った雨水は、光庭に流れ落ち、中庭の水盤へと流れ込む。 扉の開閉や光の変化によって、空間の変化を楽しめる住居である。 #中庭 #中庭のある家 #光庭 #坪庭 #屋上庭園 #水盤 #空庭
Default Title