法隆寺 食堂・細殿

法隆寺 食堂・細殿

chi-ko
Description
食堂(じきどう)は天平時代に建立された現存日本最古の食堂でもともと政所であったが、平安時代に入り僧が食事をする場所として使われるようになった。細殿(ほそどの)はどのように使用されていたのかは不明。軒を接するように、二つの建物を並べて建てる双堂(ならびどう)の様式で、食堂は国宝、細殿は重要文化財に指定されている。
Default Title