法隆寺 金堂

法隆寺 金堂

chi-ko
国宝。金堂は入母屋造の二重仏堂。ただし上層に部屋等がある訳ではなく、屋根を二重にしたのは外観を立派にするためである。二階の卍くずしの高欄(手すり)、それを支える「人」字形の束(つか)も独特で、これらは法隆寺金堂・五重塔・中門、法起寺三重塔、法輪寺三重塔のみに見られる様式で7世紀建築の特色である。堂内は中の間、東の間、西の間に分かれ(ただし、これらの間に壁等の仕切りがあるわけではない)、それぞれ釈迦如来(国宝)、薬師如来(国宝)、阿弥陀如来(重文)を本尊として安置する。 #国宝聖徳太子法隆寺世界遺産
Default Title