大野城 (尾張国知多郡)

大野城 (尾張国知多郡)

noboru
Description
観応年間(1350年)三河国守護の一色範氏が知多半島に勢力を伸ばし城を築いて大野湊を中心とした伊勢湾の海運を手中に収めた。 一色氏衰退後は家臣の佐治氏が入城。4代 佐治与九郎一成は織田信長の姪「お江」を妻としたが、羽柴秀吉と敵対して追放され大野城は廃城となった。 現在は伊勢湾を一望する展望台が建っている。 #お城 #常滑 #愛知 #日本
Default Title